読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南東風のパソコン関連ブログ

パソコン中心のブログ(はてなダイアリーよりこちらへ)

買い手の立場を実感すること

最近、オークションにはまったいます。
買う方のみです。リバティプリント関連のヤフーオークションです。
5000円以下の買い物は、特にお金はかかりませんが、5000円以上の買い物や商品を売るには
月額300円強の費用が毎月かかります。

商品を出すには、もちろん、写真の撮り方や、商品紹介とまなばなければいけません。でも、本当にしらなければいけないのは、お客様への対応であり、それをスムーズ・安心対応をするには、買い手の立場にならなければわかりません。

特にメールもブログもしてない方が、ネットショップをすると多分わずらわしさに閉口していやになると思います。
ほとんど、メール対応です。
ログイン・ログアウトする管理画面やら、マイページなどの状況をチェックすることが大切です。
でも、落札して、連絡をすぐにして、「入金方法の確認」やら「商品がとどきました」「早く届いてありがとう」などのWEB上のやり取りの中で、嬉しさも味わえるのです。

顔を合わすわけではないけれど、ほしい商品が見つかったり、市場よりも安く手に入れたり、その場にいってお礼を言いに行きたく思ったりすることもあります。

やはり、一回目よりも10回目の方が段取りがわかって見通しがつきます。何事もそうですが、これが、経験です。意識して動くことが減っていくとストレスも減って商品に集中します。

旅行に行くから、そのあたりに発送されると困るから前後にしてください。とメッセージを書くこともあります。これが、今後、ネットショップなどを始めた時、お客様が書いてくださったコメントの重さを感じ取ることだと思います。

私は、まだまだ、落札側で日々勉強することが多いので、出品はまだしていません。

お金も、クレジットカードもあれば、銀行もあり、ネット支払いもあるし、送るのにもメール便はお断りしてるのもあります。
買う側は、選択肢が多い方が、いいのですが、お店側は、少ない方が楽です。狭いだけで買うのをやめることもあれば、
聞いたことない銀行口座しかない人にでも、ほしいものは、買いますから、買う側のエネルギーが大きいってすごいなと思います。

ネットショップ側としては逆に「買いたくてたまらない」と思わせる商品紹介が必要となってくるのです。

オークションとは、個人出店から、実店舗まで、いろいろとあり、ネットショップを始めるぞと思ってみると、勉強です。
小物でも、買ってみるとわかることが多いと思います。

商品が紹介されるのは、最高六日です

一つの手作りでも、残っている布セットでも、出してみたら、六日後には確実に結果がでます。
売れるか売れないか?
売れるにも値段が上がるか??

商品自体が問題あれば仕方ありませんが、自信あるものなら、それこそ、光をあてる努力の甲斐もあるかなと思います。

それで、起業するとかでなかったら、オークションはいいな思います。

また、起業しても、並行していろんなツールを利用して複数の入り口がいるのは、いいので、何にもしてない方は、とりあえず、お買い物をどうぞ!と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ヤフーオークション
http://auctions.yahoo.co.jp/

■楽天も人気です。http://auction.rakuten.co.jp/

■みんなのオークション http://www.minok.jp/